OWASP Fukuoka

OWASP Fukuoka へようこそ

OWASP Fukuokaとは、アメリカメリーランド州を本部とするWebアプリケーションセキュリティに関する情報や文書、知識の共有、普及を目的としたオープンで非営利のオープンソース・ソフトウェアコミュニティであるOWASP Foundationの 福岡支部 です。
2021年からChapter名をKyushuからFukuokaに変更して再スタートしました。


次回ミーティング

OWASP Fukuoka Meeting #3

今回はOWASP Sendaiとのリレー開催です。参加登録はいずれのチャプターからお申込みいただいても両方にご参加いただけます。Youtube LiveのURLは共通です、どちらからでも参加可能です。

  • 日時: 2020/6/23(水) 19:00~20:30
  • 場所: オンライン開催
  • タイムスケジュール
    • 19:00 OWASP Fukuokaスタート
    • 19:45 OWASP Sendaiスタート
  • トークトピック(OWASP Fukuoka)
    • インフラエンジニア視点から見るDDoS攻撃とその防御(仮) - OWASP Fukuoka Chapter Board Member Katsumi Kotake
  • 参加お申し込み

スピーカーとして参加をご希望の方へ

OWASP Fukuokaミーティングに、スピーカーとして参加をご希望の方は、 Keynote, Speaker, and Trainer Agreementをご覧いただき、チャプターリーダーにプレゼンテーションしたいトピックをお知らせ下さい。


過去のミーティング

OWASP Fukuoka Meeting #2

今回はOWASP Sendai,Okinawaとのリレー開催です。参加登録はOWASP Fukuoka, Sendai, Okinawa, Nagoyaどちらからお申込みいただいても両方にご参加いただけます。Youtube LiveのURLはSendai, Fukuoka, Okinawa, Nagoya共通です、どちらからでも参加可能です。

  • 日時: 2020/4/14(水) 19:00~21:15
  • 場所: オンライン開催
  • タイムスケジュール
    • 18:30 OWASP Sendaiスタート
    • 19:00 OWASP Nagoyaスタート
    • 19:45 OWASP Fukuokaスタート
    • 20:30 OWASP Okinawaスタート
  • トークトピック(OWASP Fukuoka)
    • Go言語でセキュアなWebアプリケーションを作るためのガイドであるOWASP/Go-SCP の歩き方 - OWASP Fukuoka Chapter Board Member Shuya Motouchi
      • 近年、Go言語でWebアプリケーションを開発する機会が増えてきました。本セッションではOWASP セキュアコーディングプラクティス - クイックリファレンスガイド に準拠している OWASP/Go-SCP についての概要といくつかの例題について紹介します。
  • 参加お申し込み

OWASP Fukuoka Meeting #1

今回はOWASP Sendai,Nagoyaとのリレー開催です。19:00からOWASP Fukuoka、20:00からOWASP Sendai、21:00からNagoyaとなります。参加登録はOWASP Fukuoka, Sendai, Nagoyaどちらからお申込みいただいても両方にご参加いただけます。Youtube LiveのURLはFukuoka&Sendai&Nagoya共通で、どちらからでも参加可能です。

  • 日時: 2020/2/17(水) 19:00~21:30
  • 場所: オンライン開催
  • タイムスケジュール
    • 19:00 OWASP Fukuokaスタート
    • 20:00 OWASP Sendaiスタート
    • 21:00 OWASP Nagoyaスタート
  • トークトピック(OWASP Fukuoka)
    • Kubernetes Security for penetration testers - OWASP Fukuoka Chapter Leader 森田 浩平
      • 近年、アプリケーションを Linux コンテナ上で動かすことが増えてきており、その基盤として Kubernetes などのコンテナオーケストレーションツールが利用されています。もし Web アプリケーションにSSRFや任意コード実行可能な脆弱性があった場合に、この基盤上で、どのような権限昇格ができるのでしょうか。本セッションでは Kubernetes や周辺のエコシステムへの攻撃手法やマイクロサービスでの API の保護について紹介します。
  • 参加お申し込み